腰痛・ぎっくり腰

急性の腰痛

姿勢性腰痛

仕事や家事で、かがんで草取りなど作業して痛くなってしまった。

同じ姿勢をしていて腰が痛くなった。(座りっぱなし、立ちっぱなし)

 

ぎっくり腰

重たいものを持ったり、何かした時に、瞬間的に筋肉間の損傷(腰の筋肉の肉離れ)がおきます。むずかしいことばで、筋筋膜性腰痛ともいいます。

肉離れは、安静が第一です。ぎっくり腰の時、マッサージは筋肉の損傷を増やしますから禁物です。

 

<当院の治療>

脊柱起立筋、腰方形筋の部分の筋肉の炎症部分へ鍼治療をします。

痛くて診察台に移動できないときは、横向きや座ったままでも腰に治療できます。

 

痛みの原因がわかっているので、治療後は安静が第一です。鍼治療は急性の筋肉間損傷に効果があります。

 

<アドバイス>

急性の痛みは、鍼治療が効果があります。

マッサージは、よけい炎症しますから控えてください。

 

慢性の腰痛

椎間板ヘルニア

姿勢性腰痛や、ぎっくり腰など急性の腰痛が長引いて、慢性の腰痛になった時に椎間板の弾力がなくなって、浮腫、腫脹、膨隆を経て、脱出(ヘルニア)します。

間欠性跛行症といって、一時的な歩行障害が起きます。距離は人によって違いますが、痛み痺れ、脱力感が出て、歩けなくなり、しゃがんで休んでいると歩行が可能になる症状です。

 

MRI画像診断で判明します。整形外科病院での検査をしないとわかりません。

 

<当院の治療>

慢性的な痛みにより、筋力が低下している場合もあり、血流をよくする腰のつぼへ鍼治療をします。

また、慢性的な痛みにはお灸が効果があります。腰のツボにお灸をします。

鍼灸治療で痛みが取れてきたら、リハビリマッサージに治療を切り替えます。足腰の筋力をつけると痛みの予防に繋がりますから、腰痛体操やリハビリ体操等指導いたします。

 

<アドバイス>

鍼灸治療を継続することで、慢性的な腰の痛みが和らいできます。

時間がかかって悪化した症状は、長期治療になります。